使用上の注意

 


  特徴
  形状と使用例
  仕様
  使用上の注意


  製品紹介
  製品の適用分野
  HOME

1.適用穴
  標準タイプTについてはJIS B 1001 ボルト穴径2級寸法以下とし、面取りは糸面
  取り(C0.2程度)としてください。

  標準タイプU、ナット部使用タイプについてはJIS B 1001 ボルト穴径1級寸法以
  下とし面取りは糸面取り(C0.2程度)としてください。

2.取り付け部の接触面仕上げ
  シールワッシャー取付部の接触面仕上は、あらさ Ry 10μm以下として下さい。

3.適用温度
  シールワッシャーの種類および使用状態によって異なります。
  使用温度と使用時間の関係の一例を仕様 図1に示します。

4.使用限界圧力
  シールワッシャーの種類および大きさによって異なります。
  (1) 標準タイプ
  静的圧力で使用する場合の使用限界圧力の一例を仕様 図2に示します。
  変動圧力で使用する場合の使用限界圧力は、静的使用限界圧力の0.4倍と
  して下さい。
  (2)ナット部使用タイプ
  使用限界圧力は大きさに関係なく294kPa{3kgf/cm2}として下さい。
  上記、使用限界圧力以上で使用する場合は弊社にご相談下さい。

5.締付トルク
  シールワッシャーの締付トルクはシールワッシャーの種類および使用する
  ねじの種類によって異なります。

6.ナット部使用タイプはピッチが異なるねじには使用できません。

製品保管および使用上の注意 
● 直射日光や高温(40℃以上)をさけて保管して下さい。
● 組み付けの際はパッキン部に傷を付けないようにご注意下さい。
● 2年以上保管されたシールワッシャーの使用については弊社へ
  ご相談下さい。


Copyright (C) 1999 - 2011 キーパー株式会社