NDK KEEPER CO., LTD.  シールワッシャー
トップ > 製品の適用分野 > 産業機械 > シールワッシャー
・シールワッシャーの特徴
・形状と使用例
・仕様
・使用上の注意
SealWasher

シールワッシャーの特徴

1.優秀な漏れ防止機能を持っています。
  従来の液体パッキン・銅ワッシャー等に変わる製品で、
  ねじ締付部からの漏れを防止する画期的なガスケットです。

2.耐油性・耐熱性・耐候性が優れています。
  特殊配合された合成ゴムがパッキンに使用されています。

3.繰り返し使用(2〜3回)が可能です。
  「段付心金」が接着面積を広げ、心金とパッキンの接着を
  強固にしています。

4.作業性が優れています。
  使用時に裏表の区別をする必要がありません。
  ねじに組み込んだ状態でねじを下に向けても脱落しません。

5.接触する相手面の仕上げが容易です。
  相手接触面の仕上精度は、銅ワッシャーに比べ粗くできます。

上へ

形状と使用例

1.標準タイプT
2.標準タイプU(省スペースタイプ)
3.標準タイプV(ウィットねじ)

4.ナット部使用タイプ

上へ

仕様

上へ

使用上の注意

1.適用穴
  ・標準タイプTについてはJIS B 1001 ボルト穴径2級寸法以下とし、面取りは糸面
  取り(C0.2程度)としてください。
  ・標準タイプU、ナット部使用タイプについてはJIS B 1001 ボルト穴径1級寸法以
  下とし面取りは糸面取り(C0.2程度)としてください。

2.取り付け部の接触面仕上げ
  シールワッシャー取付部の接触面仕上は、あらさ Ry 10μm以下として下さい。

3.適用温度
  シールワッシャーの種類および使用状態によって異なります。
  使用温度と使用時間の関係の一例を仕様 図1に示します。

4.使用限界圧力
  シールワッシャーの種類および大きさによって異なります。
  (1) 標準タイプ
  静的圧力で使用する場合の使用限界圧力の一例を仕様 図2に示します。
  変動圧力で使用する場合の使用限界圧力は、静的使用限界圧力の0.4倍と
  して下さい。
  (2)ナット部使用タイプ
  使用限界圧力は大きさに関係なく294kPa{3kgf/cm2}として下さい。
  上記、使用限界圧力以上で使用する場合は弊社にご相談下さい。

5.締付トルク
  シールワッシャーの締付トルクはシールワッシャーの種類および使用する
  ねじの種類によって異なります。

6.ナット部使用タイプはピッチが異なるねじには使用できません。

製品保管および使用上の注意
● 直射日光や高温(40℃以上)をさけて保管して下さい。
● 組み付けの際はパッキン部に傷を付けないようにご注意下さい。
● 2年以上保管されたシールワッシャーの使用については弊社へご相談下さい。

上へ